昔からあるギャンブル映画

カジノ映画

ギャンブル映画にはたくさんのドラマがあります。退職金をつぎ込み、ドツボにはまるか、一儲けするか、大当たりを期待する。犯罪、サスペンス、マフィアのボスが加わり、完璧なギャンブル映画ドラマが誕生しました。観客を引きつけるため映画にはスリルも必要です。しかし、近年、特に一般的なギャンブル業界の捉え方に変化が見られるようになってきました。映画で業界を肯定的に表現したことで、業界に対する世論が変わってきました。

ベガス・バケーション(原題:Vegas Vacation: これはビンテージコレクションに入る、タイムマシンから出てきた映画のタイトルのように聞こえるでしょう。しかし、一部のシーンは文句なしに楽しめます。本作の主人公クラーク・グリスウォルドはギャンブル依存症になり、カジノの世界に引きずり込まれていきます。

ベガスバケーション

のるかそるか(原題:Let It Ride:この映画から得られるギャンブルのトリックはありません。「のるかそるか」は、80年代の古典的なコメディーであり、そのジャンルに少し正義をもたらします。物語は、主人公のギャンブルの世界を中心に展開し、ある日、競馬ですべての賭けをすることを決意します。

オーシャンズ11(原題:Oceans Eleven: 2001年に公開された本作は、サスペンス、知的なストーリー、伝説的なキャストが混在しています。ラスベガスのカジノは銀行と同じくらいに安全性が高いのですが、オーシャンズチームが勇気と綿密な計画で金庫に侵入しようとすると、これが変わるのです。それに加えて、ジョージ・クルーニーとブラッド・ピットのキャストが観る楽しさをプラスしています。

カジノ(原題:Casino: 1995年公開のこの映画に勝るものはありません。この映画はラスベガスのギャンブルの世界の古典の一つになっています。マフィアのボスからロマンスまで、この映画はすべてのキャラクターに正義を貫いています。主人公のエースはデ・ニーロが演じています。彼はカジノをきちんと運営したいと思っていますが、そこにはハードルがあり、また常に監視の目があり間違いは許されません。

カジノ・ロワイヤル(原題:Casino Royale: これは007シリーズのタイトルで、紹介の必要はありません。ジェームズ・ボンドは、ル・シッフルが違法行為の資金調達のために、ポーカーチャンピオンシップで勝つことを阻止しなければなりません。美少女や派手な車、アクションなど、定番の007の特徴が詰まった映画です。個性的なストーリーを求めている方には必見の作品です。

バグジー(原題:Bugsy: 1991年に公開されたこの映画は、ラスベガスの誕生をテーマにしています。実在のギャングであるバグジー・シーゲルをモデルにしています。カジノ都市の始まりとその変貌に光を当てる作品の一つです。

まとめ:

当初、ギャンブル業界はポップカルチャーの中で軽視されてきました。積極的な表現と広範な合法化により、業界は受け入れられつつあります。ギャンブル界の要人たち、業界の合法化のために政府に働きかけています。彼らの努力は成果を上げているようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *